チェンジ・ザ・ワールド|たくさんの”ひとり”の力で、より良いカタチに世界を変える

村上 怜夏

幼少期の経験から社会問題に興味を持ち、京都女子大学 現代社会学部で主にアフリカの貧困・児童労働について学び、差別論の研究を行う。社会問題について学ぶ中で、事業という形で社会問題を解決したいと考え、株式会社チェンジ・ザ・ワールドに入社。経営企画室で広報や法人営業、アライアンスなどを担当。

Introduction

2014年設立当初より、グリーンエネルギーの普及を通じて社会課題の解決に取り組んでいるチェンジ・ザ・ワールド。耕作放棄地を解消するソーラーシェアリング、少額から誰でもグリーンエネルギーの普及にできる、スマホで買える再エネ発電所「ワットストア」や、個人のCO2を可視化するサービス「change」などのサービスを提供しています。今回は広報の村上さんに、事業を通じた社会課題への貢献についてお話を伺いました。

革新的な事業でグリーンエネルギーの発展に誰でも参加できる社会を実現する

–会社概要・経営方針について教えてください。

村上さん:「チェンジ・ザ・ワールド」という社名が表している通り、「社会的で革新的な事業に挑戦し、より良いカタチに世界を変える」ことをミッションにしています。社会性を一番に重視しており、事業としてどのように社会的価値が創出できるのか、社員みんなで考えながら、日々事業に取り組んでいます。

社会課題は様々ありますが、その中でも私たちは、地球温暖化の解決に向けてグリーンエネルギーの普及を推進しています。具体的には法人の脱炭素支援や、個人向けの再エネ投資を事業として行い、同時に、耕作放棄地増加や太陽光発電所の用地不足といった社会課題に取り組んでいます。地球温暖化という地球規模の課題は、政府や企業といった一部の力だけでなく、個人を巻き込み、たくさんの”ひとり(個人)”の力で取り組むことが重要だと考えています。ひとりの力は小さくても、たくさんの”ひとり”の力が集まれば、世界をも変えられると信じています。

–なぜグリーンエネルギーの普及に取り組んでいるのでしょうか。

村上さん:環境問題の中でも、とりわけ地球温暖化はタイムリミットが迫っており、最近でも電力のひっ迫や異常気象など、実生活にすでに影響が出てきていると思います。また、炭素税の本格検討がなされていたりなど、企業が経営を継続する上でも、金銭的インパクトが無視できないテーマになっています。

ひとりの力では解決できないような大きな問題ですが、私たちは「グリーンエネルギーの発展にみんなが参加できる社会を創る」というビジョンを掲げ、個人の力を集めて地球温暖化の解決ができるよう、サービスを提供しています。

本社のある山形県は、代表池田の出身地でもあります。池田は、2011年の東日本大震災の原発事故をきっかけに、同じ東北地方ということもあり、持続可能なエネルギー電源をどのようにすれば次世代に残すことができるのか、どうしたらグリーンエネルギーの普及をもっと進めることができるのか、徹底的に考えました。

そこで注目したのが個人のお客様です。個人が太陽光発電所を購入しようと思うと、何百万〜何千万円の資金が必要になります。少額から安心して投資することができ、経済的なリターンを還元できる仕組みを創りたいと思い、個人が参加するハードルを極限まで下げた太陽光発電所の小口販売のアイデアが生まれ、取り組みをスタートしました。

–それぞれの事業で、どのような取り組みをしているのか教えてください。

村上さん:現在の事業内容は大きく、

①太陽光発電所の下で農業を行うソーラーシェアリング事業

②法人の再生可能エネルギー導入をサポートするCHANGE for Biz事業

③ワットストアを一つのコンテンツとする個人向けのchange事業

の3つに分けられます。事業の売り上げ構成比としては個人向け事業が8割以上となっており、たくさんの個人の力を合わせて世界を変えるという弊社の想いを体現しています。

ソーラーシェアリングで東京ドーム5.5個分の耕作放棄地を再生

–1つずつ詳しく伺います。まずは、ソーラーシェアリング事業の特徴について教えてください。

村上さん:私たちは、太陽光パネルを設置する際、山を切り開いたりなど、環境を破壊することはせず、耕作が放棄され、荒れ果ててしまった耕作放棄地を再生させ、そこで農業をするソーラーシェアリングを積極的に導入しています。

現在、日本の農業では農家の高齢化や後継者不足などが原因となり、耕作放棄地が増加しています。

耕作放棄地は、害虫や獣の住処となって近隣に影響を及ぼすだけでなく、長く放置しておくと農地として再利用することが不可能となったり、再利用に多大なコストがかかったりするようになります。

このような状況の中で私たちは、2022年4月時点で1万kW以上のソーラーシェアリングの発電所を運用しており、東京ドーム約5.5個分の耕作放棄地を再生してきました。

耕作放棄地がソーラーシェアリングに生まれ変わるまでには、枯れ草を刈ったり、石を取り除いたりして用地を整える必要があり、大変な手間がかかります。労力がかかるからこそ、経済合理性の観点から大企業が手を出しにくい用地でもあるんです。

※株式会社チェンジ・ザ・ワールドHPより引用  https://ctws.jp/cfb/solarsharing 

そして、ソーラーシェアリングで行う農業は主に、弊社の子会社である株式会社ララキノコが行っています。 株式会社ララキノコで栽培したさつまいもの一部は、日本郵便株式会社が販売している「むつぼしいも」に使用されたり、地域の道の駅で販売、ワットストアのユーザー様にプレゼントしたりもしています。

また、太陽光パネルの下でも育てやすい野菜を育成し、東京大学とソーラーシェアリングの共同研究も行っています。

※株式会社チェンジ・ザ・ワールドHPより引用  https://ctws.jp/cfb/solarsharing 

–続いて、CHANGE for Biz事業について教えてください。現在、どのようなお客さんがいらっしゃるのでしょうか。

村上さん:CHANGE for Biz事業では法人様向けに、太陽光発電所の設計・調達・建設から保守・運用までをワンストップで提供しております。2021年6月には第一号案件として、株式会社メンバーズ様と提携し、千葉県の太陽光発電所を建設、引き渡しをしました。発電所は、メンバーズ様が事業活動において使用する電力を、自社で発電した再生可能エネルギーでまかなうことを目指して建設いたしました。

再エネ投資へのハードルを極限まで下げ、より多くの個人を巻き込む

–3つ目については、まずワットストアについて詳しく伺います。概要とこだわりポイントについて教えてください。

村上さん:2017年にリリースされたサービスなのですが、太陽光発電所をはじめとする再エネ発電所を最小単位「1W」(約300円)から購入することができます。これまで再エネ投資はまとまった資金がなければ始めることができませんでしたが、少額から現実的な予算の範囲で始められるのが特徴です。

売電価格を国が保証する太陽光発電のFIT制度は、補償金額が高額だったことから、透明性の低い案件が横行していた時代がありました。個人が参入するには資金面でハードルが高い上に、投資先としての不安もあるとなると、なかなか個人向けの再エネ投資は広がりません。

そこで、個人が再エネ投資に参加するハードルを下げるために、投資先として透明性を高くすることにはこだわりを持って設計しました。アプリで発電量や経済的リターンが一目でわかりますし、売却したい時にはすぐ売却することができる仕組みになっています。

最近では太陽光発電所だけでなく、風力発電所の販売も開始し、、2020年6月よりANAと、2021年7月よりJALとの提携を開始し、弊社が運営する「ワットストア」の再エネ発電所を200円分購入するごとに、1マイルが積算されるマイレージサービスを行っています。

ワットストア事業は、事業モデルの革新性や環境貢献という観点から、環境省や東北経済局など官公庁が主催する企画での受賞実績も多数あります。

–メインのユーザー層について教えてください。

村上さん:現在のユーザー数は22,000名を突破しており、主に30〜40代の方がメインユーザーとなっています。ユーザーの中でも多くの方が10万円未満の少額投資をされていることから、「経済的リターンを目的に投資先として選んでいただいている訳ではないのでは?」という仮説を立て、環境貢献に特化したグリーンワットという商品の販売を開始しました。

グリーンワットは1口500円から購入できる太陽光発電所で、発電量に応じた「環境価値(CO2削減量)」が還元される仕組みなのですが、第1弾となる1,000万円相当のグリーンワット発電所は、約14時間で完売し、想像以上にご好評いただく結果となりました。購入してくださったのは主に既存ユーザーが中心で、経済性だけではなく社会性というポイントにも共感し、ご利用いただいていることを改めて認識しました。

–今後はワットストアをどのような層に広げたいとお考えですか?

村上さん:環境問題にとても関心がある方だけではなく、心の中でぼんやりと「環境問題に対して何かしたいな」と思っている人にも参加していただけるようなサービスにしていきたいです。

私たちは、山形のプロサッカーチーム「モンテディオ山形」と連携し、先日、サッカーの試合で排出されるCO2をファン・サポーターの力でにオフセット(削減)する「カーボンオフセットマッチ」を実施しました。観戦チケットの一部を環境貢献チケットとして販売し、ファン・サポーターは環境貢献チケットを購入するだけで、環境特化型の太陽光発電所(弊社サービス「グリーンワット for Biz」)を保有でき、太陽光発電所の普及に貢献することができるという取り組みです。ファン・サポーターが保有するグリーンワットが20年かけて生み出す環境価値(CO2削減量)を使い、試合で排出されるCO2をオフセットします。

また、環境貢献チケットを購入すると、オリジナルの選手ポストカードや、入場時に選手が着用したサイン入りオリジナルTシャツが抽選で当たる、特別な特典もご用意しました。

環境問題に関心があまりない方でも参加しやすい取り組みや企画を実施することで、個人の環境貢献の選択肢を増やしていけたらと考えています。これからもたくさんの方に楽しんでいただける企画を実施していきますので、楽しみにしていただけると嬉しいです。

また、Z世代は環境問題に関心が高い方が多い世代なので、環境貢献の輪を広げていきたいです。ウェブマーケティングとして、これまで活用していたTwitterとFacebook、Instagramに加えて、TikTockの運用も始めました。

たくさんの”ひとり”の想いを環境貢献につなぐ「change」で「環境アクション」を提案。

–続いては「change」について、概要とはじめたきっかけについて教えてください

村上さん:ワットストアでは、個人の投資ハードルを極限まで下げることを目指しています。しかし、それでも投資というと、ハードルが高いと感じる方はいらっしゃると思います。そのため、環境問題についてまずは知っていただき、生活の中で簡単にできるところから行動していただきたいと思い、たくさんの”ひとり”の想いを環境貢献につなぐ環境アクションプラットフォーム「change」を2022年2月にリリースしました。

「change」では、9つの簡単な質問に答えると、個人のカーボンフットプリント(CO2の推定排出量)を計測することができ、環境負荷を減らす行動である「環境アクション」を行うことができます。様々な環境アクションが集まっているので、あなたに合った環境アクションがきっと見つかります。

環境アクションに応じて環境貢献量が可視化できるようになっており、環境貢献量に応じて「リーフ」という環境貢献ポイントが貯まります。今後は、貯まったポイントをワットストアでの投資や寄付などで活用できるようにしていきたいと考えています。

–サービス化する上で難しかった点もあると思います。

村上さん:肌感覚ですが、海外のとりわけ欧州と比較すると、日本は環境への個人の意識は開発途上だと思います。そのため、このようなサービスが幅広い層へ認知されたり、普及させるのが難しいと感じました。

実際に海外では、個人のカーボンフットプリントを計測するようなサービスはたくさんあります。しかし日本では、食事や交通手段まで含めたカーボンフットプリントの計算をするサービスはまだあまりありません。このような背景から「change」では、具体的な環境アクションにたどり着く前の導入部分をあえて長めに設計していて、環境への取り組みの大切さを共感しながら感じていただけるように工夫しています。

世界はひとりでは変えられない。たくさんの個人を巻き込んでいきたい。

※株式会社チェンジ・ザ・ワールドHPより引用 https://ctws.jp/archives/8502

–様々な取り組みを進めるチェンジ・ザ・ワールドですが、今後の展望について教えてください。

村上さん:どんな時も、いま人類が解決しなければならない課題の解決に挑戦し、それを事業として取り組むことで、社会の持続可能な発展に貢献し続ける会社でありたいと思っています。

そのために、現在のサービスを多くの方に使っていただき、よりたくさんの”ひとり”と一緒にチェンジ・ザ・ワールドしていきたいと考えています。

私たちの会社には、「すぐやる、何度もやる、諦めない」という行動指針があり、主体性を持って行動するメンバーがたくさんいます。役員との距離も近くてフラットな環境なので、おもしろいことを見つけたり、アイデアを思いついたりすると、役割や肩書きに関係なくみんなで集まって、議論したりしています。ひとりひとりが「チェンジ・ザ・ワールド」に向かって取り組む熱量の高さも、弊社の魅力だと思っています。

ひとりの力は小さいかもしれません。しかし、小さな力でも、個人が集まれば世界をも大きく変えていくことができると信じています。今後も、個人の力を集めて社会課題を解決できるような革新的なビジネスモデルを世の中に提供していきたいです。

–ありがとうございました!今後のサービスの発展を楽しみにしています。

関連リンク

企業サイト:https://ctws.jp
ワットストア:https://change-x.jp
change:https://change-x.jp/apf/lp/lp01a
採用情報:https://www.wantedly.com/companies/company_9215283
公式YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCXpROS-DxPNhFSIOlCDaaSA
公式Facebook:https://www.facebook.com/ctwsakata
公式Twitter:https://twitter.com/ctwsakata
公式Instagram:https://www.instagram.com/ctwsakata/
公式TikTok:https://www.tiktok.com/@change_action_