#

二国間クレジット制度

日本と途上国が共同で温室効果ガス削減へ取り組み、その成果を分配し合う制度。
日本が持つ再エネ、交通分野などの技術・システム・サービス・インフラをパートナー国の途上国に提供し、脱炭素化の推進、途上国の持続的開発、先進国のカーボンオフセットのメリットがある。

関連記事:「二国間クレジット制度とは|仕組みやメリット・デメリット、取組事例