#

特別栽培農産物

化学肥料・化学合成農薬の両方が基準以下で育てられた農産物のこと。その地域で一般的な生産に用いられる量に比べて農薬の使用回数を50%以下かつ化学肥料の窒素成分量を50%以下にしたものが対象となる。
基準は農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」により定められている。認証マークが与えられることによる価値向上や有機栽培よりハードルが低い点などがメリットとしてある。

関連記事:「特別栽培農産物とは|メリット・デメリット、有機農産物との違い