ガザ囚人の死刑を国際連合人権高等弁務官事務所が非難

人権

月曜日、声明によると、ガザの事実上の最高執行部であるハマスによって、5人の死刑が執行された。これに対して、国際連合人権高等弁務官事務所 (OHCHR)は非難した。

2022年9月4日朝未明、5人の囚人は死刑となった。OHCHRは、この刑はパレスチナの国内法や国際法のもとに発生する義務に違反していると主張した。

3人は殺人、2人はイスラエルへの協力によって有罪判決を受けていたが、死刑は2017年にパレスチナ領を占領して以来初めてだとメディアは発表した。

OHCHRの報道官であるラヴィナ・シャムダサニは、囚人の誰に対しても、恩赦や許しを求める場が与えられなかったと述べた。

シャムダサニ氏は、ガザにある事実上の最高執行部にすべての死刑囚に猶予を設けるよう促した。そして、パレスチナ領での死刑を廃止するために、対策を取るよう力強く求めた。

報道によると、パレスチナ人権団体のような世界規模の団体の多くが、マフムード・アッバースパレスチナ大統領が承認していない死刑が執行されたことを非難している。

シャムダサニ氏は声明の中で、ガザにおける死刑求刑後の刑事手続きは、国際的な公正な審判基準に沿っていない懸念があると宣言した。さらに、アッバース大統領の承認は国内法では必要とされていると加えた。

パレスチナ人権センター(PCHR)によると、2007年にハマスが政権を握ってから、ガザの裁判所は約180人のパレスチナ人の死刑を宣告し、33人が死刑となった。市民的及び政治的権利に関する国際規約の第2選択議定書のもと、国際連合総会決議では死刑廃止を求めており、死刑執行を廃止する義務がある。

この記事はUN NEWSの記事を翻訳したものです。

Original article: https://news.un.org/en/story/2022/09/1126021

公開日:2022/09/05