ミャンマー:クーデター以降、人道に対する罪の証拠が増えつつある

2021年2月にミャンマーで起きた軍事クーデターをきっかけに、人道に対する罪と戦争犯罪が激化していると、国連人権理事会が月曜日に聴取した。

ジュネーブに拠点を置く同機関は、ミャンマー独立調査機構(IIMM)代表のニコラス・クムジャン氏から最新報告書の説明を受けた。

同機構は、同国における最も深刻な国際犯罪の証拠を収集・保存するために理事会によって設立されたものだ。

説明責任の欠如

クムジャン氏はまず、2017年8月のラカイン州での軍事掃討作戦により、ロヒンギャの人々の大半が避難を余儀なくされてから5年が経過したことを指摘した。

「ほぼ全員が近隣諸国に留まり、安全で尊厳のある帰国が可能になる日を待っているのです。 暴力を加えた人々の免責を終わらせることは、そのような状況を作り出すのに大いに役立つでしょう。」と述べた。

彼はクーデター以降、殺人、拷問、国外追放・強制移送、迫害、投獄、民間人への標的など、最も深刻な国際犯罪の証拠が増えつつあると報告した。

「ミャンマーの人々は、自分は法に従わないと信じている人たちが説明責任を果たさないために、苦しみ続けているのです」とした。

女性や子供の最優先

クムジャン氏は、同機構が性的・ジェンダーに基づく暴力や子どもに対する犯罪の証拠収集を優先していると述べた。

女性や子どもは紛争において特に危険にさらされてるが、彼らに対する犯罪は通常、報告も起訴もされていない。

「ミャンマーでは、子どもたちが拷問を受けたり、時には親をターゲットにして恣意的に拘束されたりしているという報告が集まっています。また、女性と男性の両方に対する性犯罪やジェンダーに基づく犯罪の証拠も増えています。」と述べた。

適法手続の欠如

その報告は7月に行われた民主化運動家4人の死刑執行についても取り上げている。 死刑自体は国際犯罪ではないが、クムジャン氏は「公正な裁判の基本的要件を満たさない手続きに基づいて死刑判決を下すことは、人道に対する犯罪に相当する可能性があります。」と述べた。

彼は、処刑が正当な手続きを経ずに行われたことを「強く示唆する」と述べ、「手続きは透明性を欠き、容疑や証拠に関する情報は事実上皆無に等しい」とも付け加えた。

進展と課題

クムジャン氏は、ミャンマーでは当局に十数回の要請を行っても、職員が犯罪現場や目撃者へのアクセスを拒否されるなど、メカニズムは多くの課題に直面していると述べた。それでも、注目すべき進展があった。

「多くの勇敢な個人、NGOなど他の機関が貴重な証拠を私たちにシェアしてくれました。」と彼は述べた。

私達は、国内で発生した犯罪に関する重要な情報を提供してくれた人たちから、数多くのスクリーニングやインタビューを行ってきました。  情報提供者の保護と支援の確保は、ますます重要な課題となっています。」

犯罪の証拠収集

同機構は、国際刑事裁判所や国際司法裁判所での手続きを含め、司法当局と共有するための67の証拠・分析パッケージを作成した。

これまでに200以上の情報源から約300万の「情報アイテム」が収集・処理された。

その中には、インタビュー記事、文書、ビデオ、写真、地理空間画像、ソーシャルメディアの資料などが含まれている。クムジャン氏は、彼のチームは今、それらを分析するという困難な仕事に直面していると述べた。

「例えばFacebookは、身元を偽っていたために同社によって削除されたアカウントのネットワークから数百万のアイテムを機構と共有しています。そのアカウントは実際にはミャンマー軍によってコントロールされていました。」と彼は述べた。

ソーシャルメディアにおける虚偽の報告

そのチームは、こうした軍が管理するネットワークに現れたロヒンギャを扇動する書き込みを確認した。彼は、2017年8月の掃討作戦開始直前に、そうしたネットワーク内の10の異なるページに現れた投稿を例に挙げた。

「”この投稿には、ロヒンギャが集団で武装してミャンマーの仏教徒を脅しているという誤った報告や、ミャンマーの仏教徒にとって不快なイメージである、腹を切られて内臓を抜かれた牛の写真などが含まれていました。」と語った。

正義への探索

人権理事会に対する謝辞として、クムジャン氏は「ミャンマーにおける最悪の暴力の終結に尽力する」すべての国に対し、同メカニズムの活動を支援するよう呼びかけている。

そして、「ミャンマーで行われた最も深刻な国際犯罪の加害者は、不処罰の連鎖を断ち切り、そうした犯罪の責任者が正義に直面することを確実にするために、我々が団結していることを知るべきです。」と述べた。

この記事はUN NEWSの記事を翻訳したものです。

Original article: https://news.un.org/en/story/2022/09/1126451

公開日:2022/09/12